KYOTO

Whether it be for some hours, some days or a couple of weeks, every moment spent in Kyoto is always an enthralling yet complex experience. The ambivalence of the modernity facing traditions is palpable in every place of the city.

 

Luckily, and as part of my ongoing project about the Japanese Buddhist statuary, I have visited this lovely city and its numerous temples for many years. Consequently, this KYOTO book is a long term project that was built gradually.

 

All things considered, I eventually decided to gather in these pages my very personal opinion about the traditional Kyoto symbols through 43 photographs. Most of them were taken in temples and shrines. They are at once the reflection of a child dream for more than 30 years and the result of several stays in Kyoto during the past 10 years.

 

The book is deliberately a very simple one that doesn’t include any texts but focuses on pictures. The captions are both in Japanese and in English.

As always, it comes with a gorgeous calligraphy of Master Saburo Takatsuka (Kagoshima city) who produces regularly traditional calligraphies related to my work. I am very honored by this close collaboration.

This book is also a first issue of a thematic series to come about Japan.

 

京都で過ごす時間はそれが数時間、数日もしくは数週間であれ、常に楽しくそして様々な経験が得られるものだ。町の至る所で、伝統に向き合う現代性という相反する価値感を感じることができる。

 

日本の仏像を撮影するという進行中のプロジェクトとして、長年に渡ってこの美しい町を訪れ、寺院を拝観できたことは大変幸運なことである。その結果として、この京都写真集は段階的に作られてきた長期プロジェクトなのである。

 

あらゆる事柄を考慮し、伝統的な京都の象徴である43枚の写真を集約し、自身の強い気持ちを表現した。写真の多くは寺院や神社で撮影したものである。全ての写真は30年以上に渡る子供の頃からの夢を反映したものであると同時に過去10年に渡って何度か滞在した京都での成果が表現されたものである。この写真集は写真に焦点をあてるため、文章は含まず故意にシンプルなつくりとした。キャプションは日本語と英語の2カ国語となっている。

 

ここにはいつものように書家である高塚三朗氏(鹿児島市)による書が含まれている。彼は私の作品に関連した書を定期的に書き上げてくれる。この密接な共作に大変感謝し光栄でもある。またこの写真集は日本を題材としたシリーズの創刊号でもある。

  • 2016

  • Calligraphy by Saburo Takatsuka - Read more ...

  • English – Japanese

  • 20 x 25 cm

  • 52 pages, 43 photographs

  • Hardcover

 

Should you have any further questions, do not hesitate to contact us.

All rights reserved  © Olivier Robert Photography 1995 - 2020